お知らせ

幹細胞培養及びバンキング施設「東日本再生医療センター」の運営について


日本最大級の幹細胞の培養と幹細胞バンキングを行う施設「東日本再生医療センター(仮)」が2020年10月の開設を目指し、7月9日に建設着工しましたのでお知らせいたします。

幹細胞バンキングとは、これまで幹細胞治療のデメリットであった約1ヶ月の培養期間を経て行う従来の治療に対して、事前に幹細胞を採取し一定数まで培養そして冷凍保存を行い、患者様が対象疾患になった際に早期タイミングで治療が可能となるシステムです。

幹細胞バンキングは今後幹細胞治療の主流になることが予想され、当施設では年内にも月間約1,000検体以上の培養受注が見込まれております。

名称:「東日本再生医療センター(仮)」
住所:千葉県木更津市金田中島山王2115-1

お問い合わせ

再生医療の導入に関するご相談はこちらから
お電話でお問い合わせ
0120-150-027
営業時間 10:00〜18:00定休日 土日祝祭日